けんたの気持ち

2020-05-08 07:15:00
一緒に活きる!

Aさんとの出会いは4年程前。
 「あなたの顔が一番に思い浮かんだの!きっと受けてくれると思ってー!」
と、他ステーションの所長さんからの電話での依頼だった。黄色靭帯骨化症で頸部から腰部までプレート固定されている、頸髄損傷、下半身不随の方である。(因みに体重113キロ)

仙骨に巨大褥瘡形成しその治療のため入院していたが、ほぼ治癒し退院の目処がたったものの、今までのステーションが体制的に受けられない状況とのこと。


そして、気性にやや難あり、というか、入院中も看護師その他とやり合い、入院継続も困難とのことだった。
結果、基本的に依頼は今まで断ったことがないので断り方もわからずお受けした。退院前カンファレンスで初対面したがなかなか貫禄充分、退院後も色々ありそーやなと思いつつ最初は週二回の訪問から始まった。


当初は介護保険対応で、収入も障害年金しかないため生活的にも支援的にも苦しかった。病状が進んでいく中で、ケアマネージャーさん、ヘルパーさんと協力し、支え合いながら現在は、障害の制度も利用し、看護も医療で充分に入ることができている。

 

やんちゃな性格により、私はもちろん、リハビリスタッフ、ヘルパーさんなどともぶつかることはしょっちゅうあるが、常に日々のサービスに感謝されていることもわかるし、思うように動かない身体に対してイライラすることもわかる。

「お互い、思ったことは貯めんといこう!」をモットーに、喧嘩しながら、持ちつ持たれつで一緒に活きています!

看護師さん募集中! 詳しくは「採用情報」をご確認下さい